MENU

モテるオンナになりたい!その為の好かれ体質の作り方

女性は恋をすると輝きます。
恋をしたい!モテたい!と思う女性もたくさんいるでしょう。
でもなぜか上手くいかない・・・。
男の人に言い寄られるなんてこと滅多にない・・・。
なんて人も多いのではないでしょうか?
そんなあなたに、モテるオンナになる方法をお教えします。
どれも簡単なことばかり。
すぐ始められるモテオンナへの道です!

 

1、いつも笑顔のわたしを見て!

 

モテることの基本中の基本。
笑顔でいることです。
男性は女の笑顔に弱いのです。
笑顔って言われても・・・、と思う方もいるでしょう。
具体的な顔の作り方は以下の通りです。

 

基本顔は唇を左右に伸ばし、少し広角を上げて、目を開き気味にします。
これだけで少し笑っているように見えるのです。

 

後は応用。
頬を引き上げたり、目尻を下げたりの感覚で笑顔の強弱がつけられます。
注意点としては、目を開き気味にするときにあまり開け過ぎないようにしてください。
開け過ぎると目を剥いた怖い顔になってしまいます。

 

この基本顔をベースに、いつでもわたしを見て!という気持ちでしましょう。
「あの子、いつもニコニコしてるな」と思わせたらこっちのもの。
笑顔の自分を味方につけるのです。

 

2、言葉遣いはポジティブに!

 

日本語はとても難しいです。
言い回し一つで意味が変わったりもします。
正しい言葉遣いや美しい日本語を話せることはとても素晴らしいことですが、マスターするのは容易ではありません。

 

そこで注目したいのが、ポジティブな言葉遣いです。
例えば、「仕事が立て込んで嫌になっちゃう」ではポジティブさは欠片もありません。
しかし、「仕事が立て込んでるけど、いつかは終わる、頑張れ自分!」にはポジティブさが溢れています。
仕事が多い状況は変わっていませんが、言い方一つでポジティブになるのです。
とてもそうは思えないときでも、口に出してみましょう。
気持ちも少し前を向くはず。
その前向きさを男性は見ています。
「明るい子だな」と思わせるのです。

 

3、『女の子らしく』する!

 

ここで言う『女の子らしく』はブリブリすることではありません。
ジェンダーを強調するということです。

 

男性は弱い女性を守りたい生き物です。
それで自分のアイデンティティを保つ男性が多くいます。
それでは守ってもらおうじゃないですか。ということ。
例えば、車の調子が悪いとか、電化製品の調子が悪いとか、そんなときには男性を頼るオンナでいましょう。
頼られると嬉しいのが男心。
1の笑顔で、2の言葉遣いで、「お願いします。わたしには難しいけど、〜〜さんなら出来ると思って。」と持ちかけます。
「この子、俺を頼りにしてるんだ」と思ってもらいましょう。
可愛らしい『女の子』の出来上がりです。

 

いかがですか?
そう難しいことではないですよね。
モテるオンナになるには、人から好かれる体質になることが近道です。
見た目だけではなく、少しの心がけでモテる好かれ体質になりましょう。